バットの軌道

野球のノックはバットという道具を使って行うもの。その為、バットの軌道についての理解を深めておくこともノックの上達には大切になるかと思います。

 

バットの軌道

 

一般にヘッドスピードが速くなるほど打球は遠くに飛ぶようになると言われていますが、バッドがボールに当たる角度などの条件も揃わなければならないので、ヘッドスピードが速ければ飛距離が出るとは一概には言えません。

 

 

特にノックではヘッドスピードを速めようと力いっぱい振るよりも、バットの軌道が大切です。
良いときには体の近くをバットが通り、ヘッドが立って前を大きく使うという感じです。

 

 

悪い例としては、バットが体に近すぎてしまうことで打球がスライスして自分の利き手側に曲がってしてしまうことや、逆にバットが遠すぎるとボールをかぶせにいってしまって上手く打てなくなってしまいます。

 

 

インパクトまで自分の周りに沿わせるような感覚を持っといいです。
また、ボールの回転のかけ方ですが、バットを切るイメージでボールの下を打つ、またはボールの真ん中よりやや上を打つイメージよって回転のかかり方が違ってきます。

 

 

これを踏まえて低い打球を打つ場合は、トスの位置もやや低めにあげて打つことで、低くて速い打球が打てるようになれます。
高いバウンドを打つ時はしっかり上からバットを叩きつけるようにします。

 

 

そして、ノックバットはく先端が太くヘッドの部分が重くなっているので、この重みを利用して打つことによって良い打球がいくようになります。
このノックバットの重みを利用するには、力を入れずに指で握って腰を回して最後にヘッドを使うイメージで打つことがコツです。

 

 

指の腹で握るとどうしても上手くヘッドが使えずに力任せで振ってしまうようになります。
このようにして打っている人もいるかもしれませんが、なるべく指で握って腰を回せば、勝手にバットはついてきますので、そのイメージで打てば最後にヘッドが返り良い打球になるかと思います。

 

 

また、ボールが当たってからの手の使い方ですが、インパクトから右手を使いすぎると、バットをこねてしまいボテボテの打球がいっていまいます。
ですので、インパクトからバットを投げだすイメージで行うようにすると良いです。

 

 

いずれにしても、ノックはバットという道具を使うので、いかにうまく扱えるかどうかがノック巧者への道といえるかもしれません。

 

映像ならノックのバットの軌道も分かりやすい!

 

野球ノック上達革命の詳細を見てみる