ノックのバットの握り方

ノックで様々な打球を打ちわけするには、バットの握り方も大切になります。
野球のバットの握り方には2通りあり、手のひら全体で握るハンドグリップと、指先でひっかけるようにして握るフィンガーグリップに分けれます。

 

 

ですが、ノックでは指で握ったほうが扱いやすく様々な打球を打ち分けるのがやりやすくなります。
何故なら、指先を使えるので、ボールがバットに当たるインパクトの際にスナップ(手首)を利かせバットをしならせて使うことができ、速い打球や緩い打球といった緩急の打ち分けがしやすくなるからです。

 

 

一方、バットを手のひらで握ってしまうと、押し出すような打ち方になって、しなるというよりは棒のようになって、どしても同じような強さの打球になりやすいのです。

 

 

そんなハンドグリップのやり方は、左手の指先にノックバットのグリップを乗せます。
次に左手の指にバットのグリップをひっかけ、右手も同様に指先で握るようにします。
そして、両手で握った時に右手の指の第二関節が左手の第二関節と第三関節の中間にくるようにします。

 

 

また、ノックバットにグリップをかけて打つ人と、そのまま握って打つ人がいますが、グリップに小指をかけたほうがヘッドが走ります。
その為、ノックで強い打球を打つコツは、グリップに指をかけて打つようにすることです。

 

 

更に、どちらの握り方にしても右手は添える程度にして、右バッターなら左手の方でバットをしっかり握ることが大切です。
右手はミートからフォロースルーにかけて押し込みの役を果たし、左手はアプローチからミートまでのスイングのバットをリードする役目をします。

 

 

いずれにしても、様々な打球を打ち分けられるようにするためにはバットをしならせるようなイメージで扱うことが重要です。
そのためには握り方を正しくしなくてはいけません。やり方を間違えると、打球の緩急がつけられないとか単調になってしまって良いノックが出来なくなるでしょう。

 

 

速い打球、ゆるい打球など自在に打てるようにするにはバットの握り方とは?

 

野球ノック上達革命の詳細を見てみる