バットに当てることから始めよう

内外野へノックを上手く打てますか?
野球ではノックを受ける回数が多いほど守備力はあがり、効率的な練習はそれが目的です。

 

 

当然、ノッカーはある程度正確にボールを打てなければいけませんよね。
とは言っても、初心者の方なら最初は細かいコントロールは必要はなく、緩いノックで構いません。

 

 

大事なのはバットの芯にボールを当てることを意識しながら、選手の正面に打ってみましょう。
慣れて来たら高いワンバンドを打ち、次にフライを上げてみます。

 

 

力いっぱい思いっきり振るのではなく、バットの軌道だけを考えて下さい。
というのも、どのように振るかで打球の良し悪しが変わってくるからです。

 

 

そして、内野へ打てるようになったら、今度は外野ノックです。
これも力を入れるのではなく、バットでボールを運ぶように打ちましょう、

 

 

外野フライのノックの打ち方のコツは、額の高さぐらいの打点で打つことでしたよネ。
あまりボールを高くトスしてもいけませんが、低すぎてもフライを上げにくくなります。
自分なりに、この位置で打てばフライを上げやすいというポイントを見つけましょう。

 

 

野手を左右に振る時には、自分が打ちたいところに選手がいると思って、その正面に打っつもりやればいいだけです。
正面のゴロやフライが捕れるレベルなら、どんどん左右に振っていきましょう。

 

 

内野手にとってもどこまで反応できるかは大きな課題です。
また、外野には出来るだけ高い球を打ちましょう。
球際に強くなるのと同時に、ボールの落下地点に素早く入れるようにすることが狙いです。

 

 

いずれにしても、バットの芯でボールをとらえれば力を入れなくても、内野はもちろん、外野まで運ぶのは難しくないので、まずは確実にバットにボールを当てることからはじめましょう。